次女の心のリスキーに、考え付けて良かった。

ボクには、ボクによって10年頃先に結婚した次女がいます。
今期3歳になる甥っ子を授かって、暖かい旦那さんって3者で、仲良く暮らしています。
次女は、昔から我慢して仕舞うことや、神経を心に押し込めてしまうことが手広く、不完全燃焼させてしまうことがありました。
今回きちんと、甥っ子が便所成長に励んでいて、次女はそのクオリティに一喜一憂してしまい、ハートがついていけていないようです。
おとつい、次女からラインで「電話望める?」という送られてきました。
昼間に電話したいと言ってくることは、わずかので、「何か悩んでるんだ」と、ピンといった来ました。
5パイほどして電話がかかって来たのですが、その時もう所見がひどく弱々しくて、熱意がありませんでした。
「どした?などあった?」と聞くと、次女は呼出し口で泣き生み出し、「○○君(甥っ子)を叩いちゃった……」という、告白してきました。
便所で、大の方が出なくて、「じゃあ、またしたくなったら教えてね」っていう途端に、小の方をおもらししてしまったのだそうです。
それで思わず、「なぜ便所で控えるの!」って、叩いてしまったそうです。
「イジメなのかな、ボク、イジメしてるのかな」って、次女は泣き続けました。
なので、ストレートな次女らしき不安ですなぁという、思いました。
「イジメかどうかは、球場を見てた訳じゃないから、敢然と言えない。けれども、△△(次女)の中で、『しんどい、辛い、いかんせん、ごめんね』が、渦巻いてるのは通じる。後、『そんな母親でごめんね』て思ってるのも、判る。でもね、ぐっすり考えてごらん。△△は、『女2年生』でしかないの。○○君を始め、□□くん(次女の旦那さん)やじいじばあば(父母)、祖父おばあちゃん(旦那さんのご両親)に、『女』として育ててもらってるんだよ。つらい気持ちをしなくて良いの。辛かったら泣いて、洗い流せばいいの。所見を出して涙しなよ?身を救えるのは、ともかく、身だよ」……。
次女は、30パイほど喚き続けましたが、最後はスッキリした所見で、「有難う」と言いました。
次女の窮地に、思い付けて良かったです。てつや 6つの指標

私だけの庭園が出来上がってきた

我が家は八歳前に土を購入し、自らたちで考えた間取りを大工氏に作ってもらった要望住まいだ。
実家のインテリアや間取りなど全体にこだわったので、困難満足しています。
しかしながら、料金の都合で全然外側構は手付かずのとおりでした。
たまたま夫の趣味はDIYですし、私も手作りが好きなので、さっとづつ家族で作り上げていこうという話になっていました。
しかしながら、のちずっと二人の三男が出来上がり、養育をするだけで精一杯の身の回りが続きました。
その間、庭園は荒れ放題だ。
草はボウボウに現れるし、ムカデやアリは大繁殖して実家まで来る具合だ。

ただし、本年下の幼児がなんとか小学校になりそれなりにタームが作れるようになりました。
ウィークデーには草を抜いたり、お気に入りの花をお店に見つけ出しに行ったり、ガーデニング好きな友達の実家にお邪魔して植物を株分けしてもらってきたり精力的に活動している。
それほど年間終わってしまう植物ではなく、少しずつ庭園も成長していくようにとの思いを込めて宿根草を中心に植えている。
少しの温度の遷移で新しい花が咲いたり、茎が伸びたり、葉の佳麗が良かったりと常々庭園の植物の体調をチェックするのが私の習慣になって、その育ちに有難い気持ちになっている。

また、週末には徹頭徹尾成長した三男たちも庭作りを手つだいたいという、ダディーと共にウッドデッキを作ってくれました。
ホームセンターに行き、手頃な木を選んで軽車両に積み込んで持ち家まで運ぶだけでも、奴らには大冒険なようです。
その木にヤスリをかけたり、結果乗員でトラップをあけ釘を取り組むのは何ともおかしいプロセスのようでした。
そんな三人の性質を映像やムービーに納めつつ、ハピネスを感じるタームでした。

最後には組立てあがったデッキに色を押し付けました。
たくさんあるペンキの色から淡いブラウンを選び、家族全員で塗りました。
こういう実家を買ったため、金銭的には恐ろしいこともありましたが良かったなと誠に思いました。
今後も、家族で一緒にこういう庭園を作り上げていきたいなと思います。ドラゴン・ストラテジーFXエントリーポイント